【ご紹介】群馬県のまとめ(特産品、観光地等々) - 自己紹介
menu
          

【ご紹介】群馬県のまとめ(特産品、観光地等々)

グッと群馬県の情報、トレンド、魅力等をここでまとめてみます。

 最近はネットで「グンマー」と呼ばれていることもあり、知る人ぞ知る未開の地となりつつありますが、魅力がないor低い都道府県ランキングでは、未だなお47都道府県の中では下から数えたほうが早い順位にいる状況です。

 出身県を誰かに伝えた後、「群馬って何があるの?」、「グンマーって何が名物なの?」と問われた時に、パッと思いつくものがない、、、という状況にならないように、良いものはまとめておく必要があると思いました。

 自分が訪れた観光スポットや食したグルメなどを発信することにより、地元(群馬の名産、群馬のグルメ、群馬の観光スポット)を全国に知らしめることに貢献できればと思っています。

 なお、新規の情報が得られた際には、本ページを随時更新することとします。

*-*-*-*-*-♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪*-*-*-*-*-*-*-*




1.群馬県の概要

 地形は上毛かるたに「つる舞う形の群馬県」とうたわれるように空に舞う「つる」の形によく似ているといわれます。 

 谷川岳などの2000m級の山、尾瀬などの湿原、多くの湖沼、吾妻峡をはじめとする渓谷や利根の清流など、変化に富む美しい大自然にめぐまれており、草津温泉、伊香保温泉などの全国屈指の温泉も楽しむことができます。

 上毛かるたでは、「力合わせる200万」とうたわれておりますが、最近の人口は200万を切っており、197万人だったりします(せめて多い方にサバ読んで欲しいのですが。。)。
鶴舞う形のグンマー



2.名物・特産品

 県境が海に面していないという点では、他県と比較してかなり海産物・流通にハンデがありますが、それでも内陸県ならではの畜産(ブランド肉)、小麦粉、野菜等で全国に名を馳せることができれば良いと願っております。
 
 最近では、具材に海鮮系を必要としない料理を推しているようでして、上州ブランド牛、下仁田ねぎ、こんにゃくで構成されるすき焼きは名物になりうるかもしれません。
 →群馬県すき焼きプロジェクト

 この推進活動の成果もあり、2018年11月26日には、1時間に何人にすき焼きをふるまえるかという『すき焼きサーブ』」において、1時間に提供したすき焼きの数が、ギネス世界記録に登録されました。
 →すき焼きでギネス世界記録TM 達成


2−1.焼きまんじゅう

  焼きまんじゅう

 焼きまんじゅうとは、言わずと知れたグンマーのソウルフードであり、饅頭(どちらかというとパンみたいなもの)に、甘じょっぱい味噌ダレを何度も繰り返しつけながら焼いたものです(お店によっては、最後に味噌ダレをつけるところもあります。)。

 群馬県の各地で催される祭りや縁日、はたまた学祭などでもよく売られています。ちなみに、埼玉県の北部まで焼きまんじゅう文化は浸透しています。ちなみに私は、東京の縁日でみたことがあります(300円という高値でしたが。。。)。

 正直、どのお店が格別においしい!というものではありませんが、味にばらつきがないため、どこでもそれなりの水準のものを食べることができます。しかしながら、食べると100%の確率で味噌で口元がかなり汚れてしまいます。

 なお、高崎の焼きまんじゅう店「オリタ」については、絶メシリストでも、孤独のグルメ「群馬の焼きまんじゅう編」でも取り上げられています。


2−2.日本酒

  上州地酒の例

 群馬県の各地には湧水ポイントがあるため、それなりに昔ながらの酒蔵があります。

 他方、オリジナルブランドの酒米がないため、山田錦や五百万石といったものを使用しているケースが多いです(昔は地産地消でゴロピカリを使っていた蔵もあるらしいのですが)。水の美味しいところは酒も美味しいといわれるので、グンマーの場合は水で勝負、ということになりますね。

 私が知っている群馬のおすすめ&有名な蔵元は以下のとおりです。

  町田酒造店(前橋市)〜群馬といえば「かかあ天下」〜
   ・清りょう大吟醸
   ・かかあ天下&亭主関白 など

  牧野酒造(高崎市)〜榛名の山麓の伏流水仕込〜
   ・大盃(おおさかずき) など
    ※生もと酒、にごり酒等の多数の種類の大盃があります!

  柳澤酒造(前橋市)〜粕川の絶滅危惧"酒"〜
   ・結人
   ・桂川
   ・道楽夢(どらむ)※ など
    ※2018年にBUCK-TICKのドラマー、ヤガミ・トール氏のプロデュースにより販売。

  龍神酒造(館林市)〜南北朝時代からの700年の歴史〜
   ・尾瀬の雪どけ など
    ※多数の種類の尾瀬の雪どけがあります!

  松屋酒造(藤岡市)〜選挙には縁起の良い"當選"〜
   ・當選(とうせん)
   ・平井城
   ・流輝(るか) など
    ※流輝は高崎市の「大塚酒店」で販売しています。
    
  高井酒造(藤岡市)〜エリート醸造人のこだわり〜
   ・巌(いわお) など
    ※あまり流通していません。

  田島酒造(藤岡市)〜緑色片岩の景勝地から〜
   ・三波石(さんばせき)
    ※あまり流通していません。
 
  永井酒造(川場村)〜最北・利根川の源流〜
   ・水芭蕉(みずばしょう)
   ・悠(yu)
   ・谷川岳 など
    ※悠(yu)は、社長の息子の名前を由来としたお酒です。
  
  土田酒造(川場村)〜霊峰・百名山 武尊山からの伏流水〜
   ・誉國光(ほまれこっこう)
   ・土田 など
    ※酒蔵見学に力を入れています。 

 気が向いたら飲んで美味しいと思ったものも含めて随時紹介していきたいと思います。
 ちなみに私の好きなお酒は「流輝(るか)」です。おりがらみの生酒は最高です。


2−3.登利平の鳥めし

  鳥めし

 登利平(とりへい)は、グンマーのソウルフードの一つ「上州御用鳥めし」を販売している会社です。
 箱の形は、片手で持ち上げて食べられるように長方形状になっています。
 県内で何か催しものがあった時には、必ず取り寄せられるものの一つなので、県内の小中学校に通った人たちなら食べたことがあるはず・・・です。

 鳥めしは、「松」と「竹」の2種類あります。上の写真は竹の例ですが、竹は鶏胸肉を薄くスライスしたもののみで、松は鶏胸肉の他にもも肉も使用しています。鶏胸肉はかなり柔らかく・味付けよく仕上げてあるので、竹を注文する人がほとんどです。
 松は竹よりもちょっぴり高めのお値段です。賞味期限は、製造日までなので買ったらすぐに食べましょう。

 ↓鳥めし(竹)の中身
  鳥めし(竹)

 ↓鳥めし(松)の中身
  鳥めし(松)


2−4.下仁田ネギとこんにゃく

  ネギとこんにゃく

 上毛かるたで「ねぎとこんにゃく下仁田名産」と言われますように、この二つの食品は全国的にも有名です。

 両方とも、グンマーの西部、いわゆる「西毛(せいもう)地区」の名産品で、下仁田ねぎはブランドねぎなので結構値が張りますが、甘みが強く太くて食べ応えがあります。こんにゃくと合わせれば、まさにすき焼きにもってこいの食品たちです。

 こんにゃくをテーマとした「こんにゃくパーク」という施設が甘楽町(西毛地区)にあり、土日祝日や大型連休時には親子連れで賑わっています。
 →こんにゃくパーク(こんにゃく食べ放題無料!)


2−5.みそパン

  みそぱんイメージ

 フリアンオリジナルのソフトフランスパンに挟まれたみその風味は、一度食べたら忘れられない沼田名物です。
 東洋のナイアガラである「吹き割りの滝」などを見に行った際には是非ともご賞味いただければと思います。

 イメージとしては、焼きまんじゅうの味噌がパンの中に入っている感じです。
 →フリアンパンのホームページ
 沼田市でしか買えないようにみえますが、実は東京銀座にある「群馬県のアンテナショップ ぐんまちゃん家」にも売っているため、東京在住の私もたまにアンテナショップでみそパンを買っています。ちなみに、味噌バター味のみそぱんもあります。
 ↓フリアンパンのみそぱん
  フリアンパン

 ↓フリアンパンのみそぱんの中身
  みそぱんの中身

 ↓フリアンパンのみそぱん(フランスみそバター)の中身
  味噌バターぱんの中身

 →レビューページみそぱん(o^_^o)
 冷えたまま食べても味はしっかりして美味しいのですが、あっためて食べた方が味噌の風味が増して美味しいです。


2−6.ハーゲンダッツ

  ハーゲンダッツ2

 高級アイスクリームとして有名なハーゲンダッツの生産工場は、世界に4か所しかありません。厳選した素材にこだわって作るためには、それなりの環境が必要とされるからとのことです(群馬県がそれなりの環境を持っているかは正直わかりません。)。
 
 世界に4か所とは、具体的に工場がある以下の4箇所となります。
 ・米国 ニュージャージー州ウッドブリッジ
 ・米国 カルフォルニア州トゥラーレ
 ・フランス パリ北部のアラス
 ・日本 群馬県高崎市

 群馬県高崎市新町にある「高梨乳業」がハーゲンダッツの製造をしており、ここで作られたアイスクリームが全国に展開されています。
 ちなみに近場に住んでいるグンマー人は、ここでアルバイトとして働いている人が多く、良い雇用先となっています。


3.グンマー観光地


 3−1.温泉街


 3−2.歓楽街


 3−3.テーマパーク




気が向いたら随時更新して行きたいと思います。


〜Fin〜

関連記事
                  
         

スポンサーリンク

         ここに広告のコードを入れる          
         

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment