【投資】株式取引・外貨取引状況 - 自己紹介
menu
          

【投資】株式取引・外貨取引状況

はじめに

株式取引を始めた経緯
 2013年の暮れ、民主党政権(野田政権)が終わり、日経平均も株価も上昇していたため、ひとまずやってみることに。
 松井証券、ライブスター証券、楽天証券で迷いましたが、取引手数料と取引回数の観点やスマートフォン操作の容易性を踏まえて、ライブスター証券に決めました。
 それから、ゆるゆるライフを送るべく、手始めに十数万円ほど口座につっこんでみました。
 
今後の方針
 今後も引き続き買い足しなどを行っていき、適宜株式保有状況や配当金交付状況を更新していく予定です。これらとあわせて、株主優待制度についても紹介していければと思います。





1.国内株式保有状況

 国内株式保有状況を以下の表のとおりです。
 なお、銘柄名の欄が外部リンクとなっているものは、株主優待制度を有する銘柄を示します(別サイトリンクに飛びます)。
 コード  銘  柄  名 残高株(株)平均取得単価(円/1株)
1726ビーアールホールディングス200418.5
1802大 林 組1001369.1
2178トライステージ400325.5
2405FUJIKOH200465.5
2687シー・ヴイ・エス・ベイエリア100599.9
2914日本たばこ産業(JT)2003192.5
3222ユナイテッド・スーパーマーケット100958.9
3319ゴルフダイジェスト・オン100661.9
3548バロックジャパン200972.6
3598山喜100200.9
4334ユークス100645.2
4680ラウンドワン100554
4689ヤフー300278.3
4837シダックス100276.9
5406神戸製鋼所200887.6
5711三菱マテリアル1003752
6178日本郵政1001233.1
6412平和1002186
7182ゆうちょ銀行1001102.1
7201日産自動車200850.9
7615京都きもの友禅200623.4
8136サンリオ5001927.4
8267イオン1001449.6
8304あおぞら銀行1002652
8334群馬銀行100384.6
8385伊予銀行100593.9
8591オリックス1001557.1
8848レオパレス21500398
9444トーシンホールディングス300564.4
9993ヤマザワ1001607.1
2017年の配当金所得は、年間35,307円。
2018年の配当金所得は、年間61,292円。


2.外貨取引(FX)

FX証券会社としては、マネーパートナーズを利用。
→詳細リンク先:マネーパートナーズでFX口座の解説等々

現在の外貨取引状況は以下のとおり。
・メキシコペソ   750,000通貨

所得スワップポイントは、現在1日あたり750円ほどです。
ペソが下がった際に買い足しています。


3.外国株式取引

 金・銀・プラチナ投資や米国株など海外の株式取引を見据えて楽天証券口座をすでに開設しています。
 楽天の他には、マネックスやSBIがありますが、手数料は似たり寄ったりなので、外国株取引のために新たな証券口座を開設せずに済みました。
 しかしながら、具体的に実施していることはまだありません。


4.投資信託

 実施は未定です。




以上。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment