【株式取引】12月21日、日経平均2万円代ギリギリ。ガッツリ下落で含み損の加速が甚だしい - 株式取引
menu
          

【株式取引】12月21日、日経平均2万円代ギリギリ。ガッツリ下落で含み損の加速が甚だしい

東京株式市場では、前日の米国株式市場での株価急落を受け、日経平均株価が一時、2万円の大台割れ寸前まで値下がりしました。

終値は前日より226円39銭(1・11%)安い2万0166円19銭で、前日につけた年初来安値を更新。

東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は28・97ポイント(1・91%)低い1488・19で、ともに4営業日連続の下落。。。。
含み損MAXでトホホのホです。
なお、出来高は20億6千万株。

原因は主に米株安。これに加え、米国など世界経済の減速懸念から日経平均は朝方から全面安。

外国為替市場で1ドル=111円台前半の円高ドル安傾向。
これにより、自動車など輸出関連株が多く売られました。

日経平均は午前中には2万0006円67銭と約1年3カ月ぶりの2万円割れに迫る場面もありましたが、取引終盤で下げ幅をやや縮めたようです。

自分の持ち株については、その全てが値下がりとなり、買い足す気にもなりませんでした^^;
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment