【旅行】出張・旅行先で服を洗濯し、荷物・着替えを少なくする方法 - 出張・旅行
menu
          

【旅行】出張・旅行先で服を洗濯し、荷物・着替えを少なくする方法

これは比較的ケチな手法ですので、他人にはあまり自慢しないようにお願いします。

2泊3日の出張や旅行となると、下着や靴下などを何着も持っていかなければなりませんが、出張先のランドリーがないホテルに置かれているグッズなどを利用すれば、かなり着替え関係の荷物を制限することができます。

ランドリーがホテルにあったとしても、洗濯・乾燥機能を使うと結構お高くつくので、緊急時には以下の方法で対処しています。
ちなみに頑固な汚れは専用の洗剤を使ってちゃんと洗濯しないと取れないと思いますが、今回の方法ではちょっとした汚れや汗のにおいなどはかなり除去できると考えます。

1.用意するもの
・洗濯するもの(シャツ、下着など)
・100円ショップで買えるようなフツーの洗剤(どうしても見つからなければボディーソープ(^^;))
・バスタオル(ホテルにデフォルト完備)
・ハンガー(ホテルにデフォルトで完備)
※もしも足りなければ追加で欲しい旨をフロントに問い合わせてみてください。


2.いざ洗濯
今回は、下着だとすぐに乾いてしまうし、ネットに載せる性格のものでもないので、ポロシャツとハーフパンツとシャツで実験してみました。

①お湯張り
 洗濯溶剤を溶かし、かつ汚れを浮かすためにバスタブにお湯を張る。
 1

②洗剤を入れる
 洗剤自体は100円ショップで3個入りが購入できます。
 かさばらないため、2泊なら2つ持っておきたいところです。
 匂いにこだわらなければ、漂白殺菌効果があるものが良いかもしれません。
 なければボディーソープで洗うしかないです。
 2

③洗濯したいものをぶっ込む
 ジャブ漬けする。気になる汚れは手もみで洗います。20分くらい、いつもつけておいています。
 3

④洗濯物の脱水
 ここがかなりキモです。というのもバスタオルにくるんで脱水するのですが、自分が風呂に入ることを忘れてしまうと、すでに洗濯で濡れてしまったタオルを使わなければいけないので、風呂に入るタイミングも要注意です。足りなかったらフロントに頼むのもアリ。
 ある程度、手絞りで脱水した後は、以下のようにタオルに包んでいきます。
 最初↓
 4
 
 次↓
 5

 最後は足揉み↓
 6

⑤室内干し
 タオルでかなり脱水されると思いますので、最後は部屋の空調を使い、乾燥させます。
 23時くらいに脱水が終わって、朝の7時くらいには結構乾いていることが多いです。

3.まとめ
 タオルが使えなさすぎて、脱水時に何を使えるかを模索することがたまにあると思われます。そういったときにガウンやベッドシーツで試してみようとする心意気は良いと思いますが、濡れたままで部屋を後にするのは心苦しいので、おとなしく追加のバスタオルを要求したほうがよいです。

おしまい。


関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment