【旅行】ベタ踏み坂 〜鳥取・島根、江島の旅〜 - 出張・旅行

Strike while iron is hot

【旅行】ベタ踏み坂 〜鳥取・島根、江島の旅〜

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

鳥取・島根へに出てみた。
行ったところは主に以下の通り。

・水木しげるロード
・ベタ踏み坂
・出雲大社
・松江城
・鳥取砂丘
 ・・・etc

ベタ踏み坂には、一番カルチャーショックを受けたので、これを取り上げてみる。

軽自動車かなんかのCMで少し話題となり、知っている人は知っているであろう「ベタ踏み坂」。
急な坂道すぎて壁に見えてしまう!ということで、ひっそりと観光地になっているらしい。
ベタ踏み坂1

一度は上記のような写真を見たことがある人がいると思うが、これには、少しカラクリがあることが、実際に行ってみて判明した。

ベタ踏み坂の行き方は、米子鬼太郎空港から車でいくのが普通かと。
米子鬼太郎空港から車で15分くらいのところにある。

ベタ踏み坂の実体は、鳥取と島根をつなぐ「江島大橋」という橋の一部である。

有名な写真は、島根側から撮影されたもの。
なので、米子鬼太郎空港からアクセスするのであれば、鳥取側から一度、車で江島大橋を渡る必要がある。
実際に車で通ってみたが、ベタ踏みする必要がなく、いたって普通の坂だった。
景色はかなりGOODだった。

渡り終えて、かつ坂を下り終えた先にファミリーマートがあるので、そこに車を止めてみることとした。
で、実際に撮った写真は以下の通り。
写真

ファミマの近くで撮ってみると、なかなか「壁感」が出てこない。これではただの坂である。

実は、壁に見えるような写真の撮り方を事前にネットで調べていたので、ファミマから撮影ポイントまで車を走らせることとした。

撮影ポイントは、「大根島」。島根県の中海の中心に位置する島である。

要するに遠くから撮影すると、橋の長さと角度がいい感じにあいまって、壁にみえるとのこと。

車を走らせて10分ほどで撮影場所。
そしてここから、江島大橋をみると以下の通り。
遠くからの写真

え、ぱっと見どこだかわからん^^;
スマホで限界まで拡大すると以下の通り。
ズーム

ご覧いただいただろうか。
我々が見ていた写真は、かなり遠いところから立派なズームレンズをつけたカメラで撮られていたのである。

要するに、ベタ踏み坂のいい写真を納めたいのであれば、望遠レンズを有したカメラが必要。
正直、スマホのズームである程度の画質が担保されると予想していたので、残念だったが、good practiceとなった。
関連記事
Modified date 2018-06-06
Posted by金無与太郎(Yotaro Kanenashi)
新発見

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply