【ダムマニア】グンマーの秘境・上野ダムへ - ダムマニア

Strike while iron is hot

【ダムマニア】グンマーの秘境・上野ダムへ

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

グンマーが秘境・上野村を目指して、国道18号から国道254号を通り、南牧村から湯の沢トンネルを爆走。結構トンネルは登り勾配であった。
1 

トンネルを抜けると、そこは「上野村」であった。
いい感じの小川が道沿いを流れるまぎれもない田舎である。
やはり標高が高いだけあって、肌寒かった(出発地の高崎は25度くらいだったので)。

上野村は神流川の上流にあたる場所に位置している。
神流川は上流になればなるほど綺麗な水が流れており、夏は平地よりも圧倒的に涼しく過ごしやすいのでオススメ。
川の中を見ると、ヤマメが泳いでいる姿がよく見える。
海にはギャルが多いことに対して、何かをキッカケに「川ギャル」みたいなものを流行らせて、村への集客を目指したいところだ。
まずは川ギャルでコンパニオン派遣の仕事の一環として、バーベキューイベントなどの補助を夏は促進してみるとよいのではないかと思われる。若者をどうにかして村に呼ばないとですな。魅力が増えれば、Iターン人口も増えていくのではないか。
なお、冬は空気が澄んでいるので、わりと星が綺麗だったりするらしい。

他方、上野村といえば、1985年8月12日の日航機墜落事故の現場であり、毎年のように遺族が慰霊のために御巣鷹山に登っていく様子、また麓の神流川における灯籠流しがテレビでよく放送される。
非常に悲惨な事故だったが、これのおかげで上野村並びに御巣鷹山が有名になったと言っても過言ではない。

上野ダムへ行く途中にはまったく信号がないので、南牧村から車で順調に移動できるとすぐに着いてしまった感じだ。
上野ダムは東京電力ホールディングスが所有している。

↓上野ダムの紹介
2
揚水型のダムであり、上野ダムは下流側。上流側は長野県の南相木村にあるダムである。
電力需要が少ない夜間に、上野ダムから電気を使って水をくみ上げ、上流側ダムに送っている。
昼間は神流川発電所で水力による発電が行われている。

↓上野ダムの管理所??
3
この建物で「ダムカード」がもらえるかと思ったが、ここは無人だった。
ダムカード自体は麓にある上野村産業情報センターにあるとのこと。
14
他にダムを見物している人も誰もいなかった。。。
矢木沢ダムとかは、ダムガールを含め結構見物者がいたのにと思うと残念である。

↓ロックフィルっぽいところも発見した。
4


↓なんのモニュメントかわからなかったが、「UENO」という文字は見えた。
5


↓放流口
7


↓奥神流湖の石碑
9


↓ダムフェイス(紅葉をバックに)
8


↓黒澤元村長を讃える石碑
11


↓ダム湖。かなり紅葉が進んでおり綺麗だった。
10


↓ダムを一通り見た後、ふもとの産業情報センターでダムカードをもらうこととした。
12
ちなみに、ダムで撮った写真を見せないとカードはもらえない。
この時はスマホで撮った写真を受付に見せた。
このセンターでは、若い女性が働いていたので、なんだか上野村にも希望があった。

↓ダムカード
13

結構都心から近いところにあるので、山の綺麗な空気を吸いたいという方にとってはオススメのスポットだと思いますよ。
スカイブリッジとか、鍾乳洞もあり、泊まれるロッジもあるので、夏の時期に訪れてみてはいかがでしょうか。
実は過去にここら辺には行っています↓
【オートバイ】上野村ツーリング

おしまい。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply