【料理】自宅でステーキ(肩ロース) with ”ミートソフター” - お家ご飯

Strike while iron is hot

【料理】自宅でステーキ(肩ロース) with ”ミートソフター”

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

スーパーで安くステーキ用の牛肉が売っていたので、自宅でステーキでも作ることにした。
この安物の肉を美味しく食べる方法を模索してみる。
目指すは、神戸で食べた神戸ビーフの食感。やわらかく仕上げたいところである。
ステーキランド 神戸店

今回、準備した肉はこんな感じ(178円/g)↓
1


味付けはシンプルに塩(クレイジーソルト)と胡椒(自分で挽くタイプ)↓
2
3


安物の肉なので、固かったり、筋が切れていない場合があるため、これらの課題に対処すべく、今回は以下の器具を使用した↓
4
これは、「ミートソフター」と呼ばれる調理器具であり、硬くて筋がある肉をやわらかいものへ変え、ナイフを入れた時や口内で噛む時にストレスを与えるのを緩和してくれる素晴らしいもの(千円ほどで購入でき、半永久的に使えるのでお得)。ミートソフターはAmazonで購入することが可能。
  
肉をグサグサにしすぎると、高級なハンバーグみたいになってしまう(ミンチ化してしまう)ので、なるべく筋がありそうなところを重点的に攻めるのがよい。

さっそくステーキ肉と野菜をフライパンで焼いてみた。
肉を先に焼いて、そのあとにもやし炒めを作ってみた。
5


ストレスフリーなナイフでの切れやすさと食感だった(っ^ω^)っ
ミートソフターの威力は使ってみないとわからないかも。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply