【料理】自宅でコシのあるうどん 〜冷やかけうどん〜 - お家ご飯

Strike while iron is hot

【料理】自宅でコシのあるうどん 〜冷やかけうどん〜

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

金無与太郎(Yotaro Kanenashi)

五反田の「おにやんま」など、お店ではコシのあるうどんをよく好んで食べるが、うどんなら自宅でもある水準までは美味しく作れそうな感じがしたので、いろいろと模索してみた。

うどん教室とかに行ってみて、製麺するスキルなどを身につけてみたいと思ったが、なかなか実行に移すまでのハードルが高かったので、結局ネットで買ってみることとした。

完璧な乾麺タイプのうどんなら昔から食べてきたが、最近は「半生タイプ」の麺が売っているらしく、以下の商品を買ってみた。


さっそく家に宅配されてきたので、一通り「冷やかけうどん」を作ってみることとした。

包装はこんなかんじ↓
1


中身の状況↓
2


材料を揃えた様子(麺120g、生しょうが、ネギ、付属されているつゆ)↓
3


茹でる様子(冷やかけの場合は10分くらい茹でる。)
※麺に含まれている塩分を出すため、120gに対してはその10倍の質量の水(1.2L)が最低必要。
この場合には、1.5Lほどのお湯で茹でている(沸騰によりくるくる廻るのを待つ)。↓
4
麺を茹で終わったら、すぐに流水で冷やしつつ、手もみで滑りをとる。
この作業をすることでコシのある麺となる。


盛り付けた様子↓
5

結構美味しくできた、茹でる時間が少し短いと芯が残ったような食感になるので気をつけてもらいたい。
かけつゆは味が濃いので、1:1で割っても味は全く落ちない。

自分としては割と満足する商品であった。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply